ウーマン

産廃処理の管理は排出者の義務|単純なものではないので注意

工事現場

廃棄物の適切な処理方法

廃棄物処理は専門の業者にて破砕や焼却、脱水といった処理がなされ、処分されます。しかし、それをせずに不法投棄してしまうと環境問題の原因となってしまうので専門業者に依頼して処分しましょう。

もっと読む

一般ゴミと異なる産廃処理

工場

建設現場や工事現場、金属加工などを行なうような工場などでは様々な産業廃棄物は排出されます。そういった廃棄物は産廃処理専門の業者に依頼して処理しなければなりません。もし、適切な処理がなされなかった際には会社へ社会的失墜のダメージは想定できないほどのもになります。きちんとした手順で産廃処理を依頼する場合は、ただ専門業者に依頼するというだけでなく、産業廃棄物の排出側と業者との間を結ぶ契約書の締結が必要です。また、それらの書類は契約が終了しても5年間は保存しておかねければならない義務が生じます。そういった書類はひな形があるため、ネットなどから印刷して契約書を発行することが可能です。
産廃処理をする場合には3つの義務が課せられます。1は管理票交付と確認義務です。どういった種類の廃棄物があるのかを記載し、それらの廃棄物の運搬後や中間処分後、全ての作業完了後のチェックを行なう義務があります。次に管理票記載義務です。書面できちんと記載して管理を行わなければ罰則が生じることもあるので、必ず行わなければなりません。最後に前述であげた管理票保存義務です。これらの義務を守って適切な方法で産廃処理をしなければならないというように依頼して終わりといった単純なものではないので注意しましょう。

作業が数日間に渡るため、排出された廃棄物を一時的に保管しなければならないとなった場合は、注意書きを記載した掲示板を立てておく必要があります。他にもいろいろなルールがあるので、事前に確認しておくことが大切です。

男女

環境問題の原因となる油

廃油は処理の方法を間違ってしまうと、環境問題や事故の被害を生むことになってしまいます。そうならないためにも廃油を処理する場合は専門の業者に依頼をして処分してもらいましょう。

もっと読む

作業員

適切な業者選びの方法

産業廃棄物の処理をしてくれる業者は埼玉だけでもいくつもありますが、きちんとした業者選びをするためには適切な処理方法が掲載されているかどうかを確認する必要があります。

もっと読む